産業廃棄物の種類

koshi01

産業廃棄物の種類についてご説明させて頂きます。

  • 1 燃え殻※石炭がら、灰かす、コークス灰、重油灰、廃活性炭(不純物が混在すること等により泥状のものは汚泥)、産業廃棄物の焼却残灰・炉内掃出物 (集じん装置に補足されたものは、19 煤塵として扱う)

 

  • 2 汚泥※活性汚泥法による余剰汚泥、ケミカルスラッジ(製紙スラッジ、めっき汚泥)、工場廃水等処理汚泥、各種製造業の製造工程で生じる泥状物、カーバイトかす、炭酸カルシウムかす、ベントナイト汚泥等の建設汚泥、生コン残渣、下水道汚泥、浄水場沈殿汚泥

 

  • 3 廃油※廃潤滑油、廃絶縁油、廃洗浄油、廃切削油、廃燃料油、廃食用油、廃溶剤(シンナー、アルコール類)、廃タールピッチ類、動植物性油

 

  • 4 廃酸※廃硫酸、廃塩酸、廃硝酸、廃クロム酸、廃塩化鉄、廃有機酸、写真定着廃液、酸洗浄工程その他の酸性廃液

 

  • 5 廃アルカリ※廃か性廃ソーダ液、廃アンモニア液、石炭廃液、写真現像廃液、アルカリ洗浄工程その他のアルカリ性廃液

 

  • 6 廃プラスチック廃発泡スチロール、合成樹脂くず、合成繊維くず、廃写真フィルム、廃ポリ容器、合成ゴムくず等の固形状及び液状のすべての合成高分子系化合物、廃タイヤ(合成ゴム)、廃イオン交換樹脂なども該当する

 

  • 7 紙くず・紙、板紙のくず(パルプ・紙・紙加工品製造業、新聞業、印刷出版業、製本業、印刷物加工業等) ・工作物の新築、改築または除去に伴って生じた紙くず(建設業)

 

  • 8 木くず・木材片、おがくず、樹皮等(木材・木製品製造業、家具製造業、パルプ製造業、輸入木材製造業) ・工作物の新築、改築又は除去に伴って生じた木くず(建設業) ・貨物の流通に使用したパレット(パレットへの火もちの積付けの為に使用した梱包用の木材を含む)にかかわる木くず及び物品賃貸業にかかわる木くず

 

  • 9 繊維くず・木綿、絹、麻、羊毛などの天然繊維くず(繊維工業(縫製除く)) ・工作物の新築、改築又は除去に伴って生じた繊維くず(建設業)

 

  • 10 動植物性残渣(残渣)醸造かす、あめかす、発酵かす、珈琲かす、魚・獣のあら、ぬか、ふすま、おから、パンくず、ハムくず、その他の製造くず、原料かす。原料として使用した動物又は植物にかかわる固形状の不要物 (食料品製造業、医薬品製造業、香料製造業 (※卸小売業、飲食店等から排出される動植物性の固形状不要物、厨芥類は、事業系一般廃棄物となる))

 

  • 11 動物系固形不要物と畜場において屠殺し、又は解体した獣畜及び食鳥処理場において処理した食鳥にかかわる固形状の不要物 (と畜場、食鳥処理場)

 

  • 12 ゴムくず天然ゴムくず (合成ゴムくずは 6 廃プラスチック類:廃タイヤなどになる)

 

  • 13 金属くず古鉄、ブリキ・トタンくず、鉛管くず、切削くず、研磨くず、空缶、スクラップ

 

  • 14 ガラスくず・コンクリートくず・陶磁器くず空き瓶などのガラスくず、陶磁器くず、耐火レンガくず、コンクリートくず(工作物の新築・改築又は除去に伴って生じる物を除く)・コンクリート製品(製造業から出るもの)などのセメント製造くず、他

 

  • 15 鉱さい※高炉、平炉、転炉、電気炉等のスラグ、鋳物廃砂、不良鉱石、キューポラのノロ

 

  • 16 がれき類工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたコンクリート・セメント・アスファルト・レンガ・かわらの破片その他これに類する不要物 (以前は「建設廃材」と呼んでいた物)

 

  • 17 動物のふん尿牛・豚・鶏などのふん尿 (畜産農業)

 

  • 18 動物の死体牛・豚・鶏などの死体 (畜産農業)

 

  • 19 煤塵(ばいじんダスト)類※集塵器で集められた煤塵。 (大気汚染防止法に規定する煤煙発生施設、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ廃プラスチック類の焼却施設)において

 

  • 20 上記の産業廃棄物を処分するために処理したもの(政令第2条第13号廃棄物)※1~19に掲げる産業廃棄物又は輸入された廃棄物のうち航行廃棄物及び携帯廃棄物を除いたものを処分するために処理したものであって、コンクリート固形化物などこれらの産業廃棄物に該当しないもの。

 

※のものは、有害であるかどうかの判別が必要。 上記の他に2種類以上の産業廃棄物が混合したものを該当します。
cont_700-150